日本代表ファイナリストが水着審査1 「2016ミス・ユニバース」 #2016 Miss Universe #event

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_c…

 “世界一の美女”を決めるコンテスト「2016ミス・ユニバース」の日本代表の最終選考会が3月1日、東京・ホテル椿山荘東京(東京都文京区)で行われ、ファイナリスト46人の中から、滋賀県代表の大学生・中沢沙理さん(22)が日本代表に輝いた。

 2位は熊本県代表の大学3年生・松本紗也加さん(20)、3位は福島県代表のジャスダンスインストラクター・佐藤真瑚さん(23)、4位は高知県代表の会社員・西村紗也香さん(26)だった。

 この日の最終選考会では、オープニングのダンス審査で46人から16人に、水着審査でさらに5人に絞られたファイナリストたちがドレスやスピーチ審査などに臨み、16年の日本代表「ミス・ユニバース・ジャパン」が選ばれた。

 「ミス・ユニバース」は1952年に始まった世界で最も歴史あるコンテストで、80カ国を超える国々の代表が集まる。日本代表は、2007年に森理世さんが世界大会で優勝したほか、06年に知花くららさんが世界大会で2位を獲得。15年に宮本エリアナさんがトップ10位入りした。また06年に知花さんがナショナル・コスチューム審査の最優秀賞を受賞した。

####
“Japan’s representative finalist in swimsuit competition 1 “2016 Miss Universe”

The final qualifying competition to be Japan’s representative for “”2016 Miss Universe”” – a contest to find “the world’s most beautiful woman”, was held at Tokyo Chinzanso hotel (Bunkyo, Tokyo) on March 1st. Among the 46 finalists was Sari Nakazawa, a university student from Shiga Prefecture, who won the Japan’s representative post.
The runner up was Sayaka Matsumoto (20 years old), a third-year university student, representing Kumamoto prefecture. The third-placed contestant was Mako Sato (23 years old), a jazz dance instructor from Fukushima prefecture. Standing in the 4th position was Sayaka Nishimura (26 years old), a company employee, representing Kochi prefecture.”